初心者の方歓迎! 2日間スペシャルハコミご紹介ワーク「インナーチャイルドと出会う2日間の旅」

【概要】

「お母さん、お母さん」と幼子が泣き叫ぶ。「お母さん、抱っこして!」

                                                             ルイーズ・ワイズチャイルドLouise Wisechild、The Obsidian Mirror,1998

 

心理療法や、芸術、文学、通俗心理学、個人的な話の中でも、「インナーチャイルド」という表現が見受けられるようになりました。その概念は臨床的に理に適っており、多くのクライアントの共感を呼ぶものです。ハコミセラピーにおいても、チャイルドとの取り組みは重要な要素の一つです。

 

では、インナーチャイルドとは何なのでしょうか?ホイットフィールドは、「インナーチャイルド」は真実の自己と同義であると考えました。私たちは真実の自己であるとき、生き生きとし、「今を正に生きているように感じ、完全で申し分なく、この場にふさわしくありのままの自分であり、ホールネスな存在であり、正気であると感じる傾向にある」と述べています。

インナーチャイルドについては精神的伝統の中でも言及されており、例えば、老子道徳経には,「その 起源を見つけるためには、その表れを遡れ。子を受け入れ、母親を見つけるとき、あなたは自由になる」と書かれています。さらに、ユングはインナーチャイルドについて、「全ての大人の中には永遠のチャイルドが潜んでいる。それは決して完了しない、常に何かになろうとしている、絶え間 ない労りや注目、学びを求める私たちの部分である。」と説明しています。・・・

                   「ハコミセラピー完全ガイド:理論と実践」より

 

 

 チャイルドこそが、自己や世界についてのコアモデルを形成している地図の作成者であり、この地図を使いながら私たちは生活をしています。

しかしながら、子供の時にはとても有効な地図であったけれど、現在の自分にふさわしい部分も書き加えられることにより、現在の人生への気づきや、コントロール、選択肢がもたらされるようになり、ホールネス(全体性を持った、まとまりのある存在)の感覚は増進されます。

このワークショップでは、チャイルドの持つリソースに気づいたり、傷ついたチャイルドが癒されることで成長していくということを学びます。            

それはレクチャー、体験的エクササイズなどを通して、「チャイルドの意識状態と癒しに向かう大綱」についての学びを意味しています。

 

【日時】2021年1月22日(土)/11月23日(日) 10:00~17:00

【講師】ハコミ研究所認定トレーナー   岡田千恵子

【対象】ハコミセラピーを知りたい方

【定員】20名(ご入金をもってお申し込み完了です)

【参加費】

2日間参加 ① 一般 25,000円 ② 特別割引 22,500円 

初日のみ参加① 一般 13,000円 ② 特別割引 12,000円             

※特別割対象者は、ハコミ福岡主催のハコミセラピーご紹介ワークショップ/ハコミカフェ/サロン・デ・ハコミ/スーパービジョンに1年以内に2回以上参加された方(12月末現在)

 

※ 参加者は、子供のころの思い出のもの、写真やぬいぐるみ、毛布 など…をお持ちください。また、色のつく筆記用具もご用意ください。

 【振込先】お申し込みの方にご連絡します。

【お問合せ・お申し込み】

 hakomifukuoka@gmail.com まで

① お申し込みの際に以下の内容をお知らせください

・お名前 ・メールアドレス ・電話番号 ・1日参加か2日参加の区別 ・①か②の区分 

・このワークを知ったきっかけ (ご紹介者がいる場合はご紹介者を教えてください)

② ご入金確認後ZOOMアドレスをご連絡します

③ 原則としてご入金後のキャンセルはできませんので、ご了承ください。