カウンセリングと心理療法は違いますか?

カウンセリングは、対話をベースにしていて、悩みや困難を抱える人が自分なりに道を模索していくときの相談援助であって、アドバイスや治療とは異なります。

カウンセリングでは、クライエントが自分で答えを見つけていくその手伝いをします。


心理療法は、もう少し積極的に、クライエントの同意のもと、種々の困りごとや不適応行動などが適応的に変わっていくよう働きかけます。

心理療法は、心理カウンセリングに含まれる概念のひとつと位置づけられています。